医師のお勧め!!オーストラリアでかかる病院の選び方

オーストラリアで具合が悪くなった場合、どの病院にかかったらよいか悩む方は多いと思います。オーストラリアでは、緊急性がある場合は土日も夜間も開いている救急病院、待てるようであれば歯医者以外の病気やけがはすべてGPとよばれる総合診療・かかりつけ医のクリニックでの診察予約を取ることになります。

GPでは耳鼻科、皮膚科、内科、眼科、小児科と歯医者以外の疾患を広く浅く診てもらえます。専門性がある場合は、まず初めにGPから紹介状を出してもらってから専門医での予約を取ることになります。紹介状がないと直接専門医では診察してもらえないのでご注意ください。それから専門医にかかるには、とっても時間がかかります。数週間、数か月かかることもよくあります。

GPはいわゆる町医者なので、小学校区域エリアにだいたい2,3つほど、町の至る所にあります。大きな街には日本人GPや通訳がいるクリニックもあります。小さい子供さんがいる場合は、すぐに診てもらえるように通いやすい最寄りのGPで前もって登録しておくのがよいと思います。

友人や家の人達に、お勧めのGPを聞いてみるのもよいかもしれません。英語に自信がない場合は、入っている保険会社さんに連絡すると近くの病院を紹介してくれたりもします。現地事情に詳しい、留学エージェントさんに頼るのもありです。自分でしっかり調べたい場合は、認定を受けているAGPAL認可のGPを探すことをお勧めします。

AGPAL 認可を受けているクリニックでは、患者さんに対するカスタマーケアやスタッフの教育、医療プロセスの安全性、診察の質などが一定のスタンダードに達していると保障されています。オーストラリアでは、5000以上の、全体の8割近くのGPクリニックがこの認定を受けています。

さくらファミリークリニックは、2017年からAGPAL の認定を受けています。どの認可クリニックもたくさんの書類審査や外部からの査定を経て、半年以上かけて準備をします。認可を得たクリニックは、自身のウェブサイトでAGPAL認可クリニックであることを宣伝をしています。また、AGPALのウェブサイトにアクセスしてエリアやポストコードを入力することで、お近くに認可クリニックを探すこともできます。かかりつけ医が認可を受けているかどうか、一度確認してみてください。

For Consumers

ちなみにさくらファミリークリニックでは新規患者さんは家族や友人からの紹介が一番多いですが、最近はネットで調べてきてくれる方も増えています。ただ、日本でも同じことが言えますが、病院のネットでの評判は全くあてにならないのでご注意ください。

オーストラリアのGPは、みなさん専門医の過程を修了しているので医師自体の能力の差はそんなにないと思っています。成功率の低い難しい手術を受ける場合に名医とされる外科医を探すのとはわけが違うので、通常のGP診察においては特にこの人でなければだめだということはまずありません。ご自身でまずは電話してみて、受付さんの対応が良いところ、予約が取りやすいところをかかりつけ医にするのが一番だと思います。

最後に、GPは患者さんの一部ではなく、心や体の全体を診ていくことに特化したスペシャリストです。何度か通ってみて、話していくうちに時間をかけて仲良くなり、徐々に信頼関係を築いていけるのが理想だと思っています。オーストラリアをはじめとする海外のGPは、患者さんと対等な立場での診察をしていくトレーニングをうけています。委縮することなく自分の意見をぶつけてみてください。

Scroll to Top